最新のIOT技術でオフィスの“空き”を可視化

“予約されていたはずの会議室が実際は使われていない!”
このようにオフィス内では、貴重なリソースが有効活用されていない事が多くあります。
オフィスグランスシリーズはこのような無駄と従業員の探すストレスを軽減します。


  1. 離れた会議室・トイレの使用状態をモニター可能
  2. ワイヤレスセンサーの採用で、電源や信号線の複雑な配線が不要
  3. 会議室やトイレの特性に応じて最適な使用センサーを使い分け
  4. クラウドサービスのため社内へのサーバー設置は不要

オフィスグランスは弊社クラウドを用いた独立したネットワークで形成され、貴社内ネットワークを
経由する必要がありません。(オプションで貴社内ネットワークを経由したPCへの表示も可能です)


トイレドアの開閉状態を磁気センサーにより、使用しているかどうか判断。非常ボタンで人が倒れている状況もキャッチ!


人感センサーまたはペーパーレス会議モニタ電源のON/OFF状態で会議室の使用状況を検知


オフィスに大画面(42インチ~)を設置、ページ毎に指定秒数ずつ表示して切替が可能。テロップで案内(例:年末調整締切日)を表示可能

オフィスグランスシリーズ

空トイレ検知サービス

人が倒れている状況もキャッチ!
トイレの混雑を緩和したい方は
空トイレ検知サービス

詳細

空会議室検知サービス

本当に会議室使っているの?
カラ予約の無駄を排除したい方は
空会議室検知サービス

詳細

オフィスサイネージサービス

会議室が使われているかここから
見えない…フロア全員に情報を周知
させたい方は空会議室検知サービス

詳細